連載
» 2018年10月11日 08時07分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:人とは違う生き方をしよう (2/2)

[中谷彰宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 自分らしく生きている人は、自分らしさになんかこだわりません。「自分らしく仕事をしたい」と言っている人は、自分らしく生きていないのです。「自分らしさ」という言葉を忘れた瞬間に、その人は本当に自分らしく生きています。

 人生を生きていく上で大切なのは、自分の個性を大切にして、自信を持って生きることです。「好きなことをして生きていきたいのに、それでは食べていけない」と言って、自信がくじけています。「個性」「自信」「稼ぐ」の3つのことは共存可能です。

 それができるように、「自分らしさ」と「好きなこと」という言葉の定義をし直した方がいいのです。

個性とは、「人と違うこと」だ。他者が認めることは、個性ではない

 「ビジネスを始めた理由は、世間を見返すことです」という経営者がいます。個性とは、他者承認を求めないことです。人と違うことを恐れていては、個性は発揮できません。そもそも日本人社会は人と違うことを恐れる社会です。面白いことに、そこにネットが入ってくると、人と違うことを恐れることが加速します。大勢が憧れるブロガーは、みんなから距離が近くて理解しやすい人です。

 ふだん美術館に行かない人は、印象派を中心とするいわゆるメジャーな作品の時だけ行きます。地方の美術館は、何年か予算をためて印象派の美術品を買います。それでそこそこのお客さまが入ることで満足します。モダンアートは絶対に買いません。

 一方、今日のプライベート美術館は、初期の印象派など、当時はまだ評価が定まっていなかったコンテンポラリーアートをたくさん買っています。西洋美術館のもとになる旧・松方美術館もそうです。

 まずは「人と違うことを恐れない」というスタンスに立つことです。他者から評価されなくても、ビクビクしないことが大切です。ネット社会をつくった人とユーザーとでは根本的に違います。つくった人は、人と違うことを恐れない人たちです。ユーザーは、人と違うことを恐れる人たちです。これが「ネット資本主義」です。

 「恐れる人が、恐れない人に搾取される」のが資本主義の本質です。自分がどちら側にまわるか、ということなのです。

著者プロフィール:中谷彰宏・作家

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。

【中谷塾】を主宰。全国で、セミナー、ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏本人。参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

著作は『人とは違う生き方をしよう。』(秀和システム)など、1050冊を超す。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆