ニュース
» 2018年11月06日 11時15分 公開

NEC、ラグビーW杯に顔認証システム

ラグビーW杯で顔認証を活用するのは史上初。

[SankeiBiz]

 NECは5日、来年開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の保安対策に、同社の「顔認証システム」が採用されたと発表した。ラグビーW杯で顔認証を活用するのは史上初。既にに採用が決まっていた2020年東京五輪・パラリンピックに先立ち、世界トップレベルの技術を国内外へアピールする場となりそうだ。

 W杯では、会場の東京スタジアムと横浜国際総合競技場で、メディア関係者の本人確認に顔認証システムを利用する。バーコード付きのIDカードと、事前に撮影・登録した顔画像をシステム上でひも付けし、会場の関係者入り口に顔認証装置を設置する。

 カード読み取り機や人の目によるチェックなど従来の方法と比べ、入場がスムーズになるほか、カードの盗難によるなりすましや、カード偽造による不正入場を容易に防止できる。

 NECの顔認証システムは現在、70カ国で入国管理や防犯対策などに用いられている。東京五輪・パラリンピックでは、選手村や会場などで大会関係者らの入場管理に用いられる。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆