ニュース
» 2018年11月13日 10時49分 公開

伊藤忠、送金・決済ベンチャー「pring」に出資 ファミマ店舗でアプリ実験

プリンは、スマートフォンを使って銀行口座の資金をやりとりして、アプリへの入金や、ユーザー間送金、店舗決済、銀行口座への出金などができる送金・決済サービス。

[SankeiBiz]
スマートフォン上の送金・決済アプリ「pring(プリン)」

 伊藤忠商事は、送金・決済アプリ「pring(プリン)」を運営するpring(東京都港区)に出資した。伊藤忠子会社のユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)グループの金融企画会社ユーエフアイフューテック(同豊島区)などと、プリンが実施した第3者割当増資を引き受けた。出資金額は非公表。

 プリンは、スマートフォンを使って銀行口座の資金をやりとりして、アプリへの入金や、ユーザー間送金、店舗決済、銀行口座への出金などができる送金・決済サービス。個人はすべての手数料が無料。友人との飲食代の精算や離れて暮らす家族のお年玉といった利用シーンも想定される。

 まず、伊藤忠商事本社ビル内にあるファミリーマートの店舗でプリンによる決済の実証実験を始め、順次拡大する。

 店頭では、スマホにダウンロードしたプリンのアプリを使って、2次元コード(QRコード)を表示してレジで支払いができる。店舗側が運営業者に支払う決済手数料は0.95%とクレジットカード(4、5%程度)や、他のQRコード決済(3%程度)よりも大幅に安く、店舗側のメリットも大きいという。プリンは、みずほ銀行と三井住友銀行に加え、地銀7行の協力を得て、これらの9行であれば出金手数料は無料。クレジットカードに比べ、貸し倒れリスクもないため、導入する加盟店も増えている。

 伊藤忠は、グループ企業で与信機能を持つクレジットカードのポケットカード(同港区)やポケットカードと共同で出資する、オンライン後払い決済サービスを運営するペイディー(同)などとの相乗効果も図り、顧客サービスを広げる。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆