ニュース
» 2018年11月14日 10時45分 公開

ゼネコン大手4社中間 旺盛な需要続く 大成と鹿島は通期上方修正

ゼネコン大手4社の2018年9月中間連結決算が13日、出そろった。

[SankeiBiz]

 ゼネコン大手4社の2018年9月中間連結決算が13日、出そろった。4社の売上高はいずれも前年同期比で増収を確保。工事の進捗(しんちょく)率向上などで大成建設と鹿島は通期の最終利益予想を上方修正した。

 建設需要の見通しについて、ゼネコン幹部は「歴史的に高水準が維持されている」(大成建設の桜井滋之副社長)との見方が主流。下半期以降の受注環境も「五輪後も含め、大きく変化するとは考えにくい」(小寺康雄・大林組専務執行役員)と強気の姿勢を示した。

 東京五輪を控えた建設ラッシュに伴い、労務費や資材価格は高止まりが続いている。

 ただ、労務費に関しては「厳しくみていたが、そんなに顕著ではない」(鹿島の内田顕取締役)。資材費も「想定内の幅で動いている」(清水建設の東出公一郎副社長)としており、業績への影響は限定的だった。

 鹿島はこうした動向を踏まえ、前期比35%減の820億円と見込んでいた19年3月期の最終利益を970億円へと上方修正した。大成建設の同期の業績予想は、売上高・最終利益ともに上方修正した。

 一方、油圧機器大手KYBの免震・制振用ダンパー検査データ改竄(かいざん)問題について、「現時点では損益要因に織り込んでいない」(鹿島の内田取締役)との対応がほとんどで、今後の業績に影響を与える可能性もある。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆