ニュース
» 2018年12月03日 10時24分 公開

マツダ、移動サービスで異業種連携も 丸本社長「危機感持つトヨタに敬意」 (1/2)

多様化するパワートレインの開発をどう効率的に進めていくか。

[SankeiBiz]

 □マツダ社長・丸本明さん(61)

 ――2030年の生産車両のうち、5%を電気自動車(EV)、95%を電動化技術を搭載した内燃機関車とする方針を示した。多様化するパワートレイン(駆動装置)の開発をどう効率的に進めていくか

 「ディーゼルエンジンもガソリンエンジンも目指すゴールは同じだ。別々のエンジンを開発する認識はなく、基礎技術は相互に使われている。EVやハイブリッド車については、駆動装置の制御技術を『手の内化』するとともに、この分野の開発で部品メーカーとも協力していく。さらに、コンピューターでシミュレーションを繰り返して製品を検証する『モデルベース開発』を駆使し、開発資源を効率よく使いたい」

 ――新型エンジン「スカイアクティブX」に電動化技術を組み合わせた「マツダ3(日本名・アクセラ)」を新世代商品群の第1弾として来年北米に投入する

 「良く走るし、燃費も良い車だ。エンジンの排気量は2リットルだが、2.5リットル並みの駆動力を発揮する。その価値をどれだけ顧客が理解し、適切な対価を支払ってくれるかが重要だ。マツダが追求する『走る歓び』を体験する機会を提供し、顧客に一番近い存在になりたい」

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆