連載
» 2018年12月05日 10時56分 公開

タイムアウト東京のオススメ:マニアックな北口を歩く

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 杉並から武蔵野や練馬エリアをつなぐターミナル駅、荻窪北口。駅ビルのタウンセブンやルミネなどもあり、住民にとってもショッピングの拠点になっています。駅前だけでも十分に事足りてしまいますが、せっかくならばもう一歩深く、この街を歩いてみてください。本場のフレンチやエスニックを堪能できるレストラン、ハチミツ専門店 ラベイユのパティスリー、トップアスリートもトレーニングするクライミングジムや卓球道場など、実はマニアックな「聖地」が結集しているのです。ここでは、わざわざ「巡礼」してほしいスポットを紹介します。

冬のおすすめは、東京ではおそらくここだけのししゃも鍋

 「鳥もと 本店」は、昭和27年から続く、荻窪を代表する元祖焼き鳥屋。かつては、警察や消防関係者の夜勤明けのために10時から営業していました。今でも昼過ぎには開店し、多くの人で賑わっています。荻窪駅の目の前にあった時代から変わらない昔ながらの焼き鳥屋ですが、実は、ここでしか味わえない北海道の旬の味覚もずらり。元トラック野郎だった大将が、地元北海道の各漁港のネットワークを駆使し、ほっけの刺身や鮭児(けいじ)が直送されるのです。冬のおすすめは、東京ではおそらくここだけのししゃも鍋。締めのおじやも美味です。

人気漫画家たちによる壁面アートが楽しめる

 歩き疲れたら、人気漫画家たちによる壁面アートが楽しめる、スタイリッシュな「イナズマ カフェ」で一休みしましょう。『ドラえもん』の作画で知られるむぎわらしんたろう、『GTO』の藤沢とおる、『マスターキートン』の浦沢直樹、『ストップひばりくん』の江口寿史など、そうそうたる顔ぶれの原画を間近で鑑賞できます。イベントやプライベートで漫画家が集まった時に盛り上がって描いてくれることが多く、作品数はどんどん増えているそう。愛犬とともにお茶ができるドッグフレンドリー席もあります。

締めのラーメンを求めての行列が深夜まで絶えない

 「手もみラーメン 十八番」は、春木屋、丸福など有名店ひしめく荻窪ラーメンの中でも根強いファンの多い、1966年創業の老舗店。なかでも、もともとまかないだったという「特製18番ラーメン」(850円)は、ここでしか食べられない独特の味と評判です。すっきりとしたしょうゆラーメンに、たっぷりの刻みニンニクで炒めた豚バラとネギをトッピングした、パンチの効いた一杯。ぜひ「半ギョーザ」(300円)とセットで味わってみてください。25時30分までオープンしているので、締めのラーメンを求めての行列が深夜まで絶えないことでも知られています。

 その他の情報は「荻窪、ご近所ガイド(北口編)」で紹介しています。駅前だけではない荻窪北口の散策を楽しんでみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆