ニュース
» 2018年12月20日 14時56分 公開

羽田第1ターミナルビルに新商業ゾーン開業 コト消費で快適・利便性訴え

空港を利用する機会の多いビジネス客をターゲットに、飲食・物販だけでなく貸し会議室やフィットネス施設などが入り、コト消費を通じて滞在時間の有効活用を提供する。

[SankeiBiz]
「THE HANEDA HOUSE」内のゴルフラウンジ=19日、東京都大田区

 羽田空港を運営する日本空港ビルデングは19日、第1旅客ターミナルビル5階に14店舗からなる新商業ゾーン「THE HANEDA HOUSE(ザ・ハネダハウス)」をグランドオープンさせた。空港を利用する機会の多いビジネス客をターゲットに、飲食・物販だけでなく貸し会議室やフィットネス施設などが入り、コト消費を通じて滞在時間の有効活用を提供する。

 新商業ゾーンは延べ床面積約4000平方メートルに14店舗。軽食を提供するカフェやサングラス専門店といった飲食・物販が8店舗。残る6店舗はレンタルオフィスのほか、ボクシングフィットネスやシミュレーションゴルフなどスポーツを手軽に楽しめる店や、鍼灸(しんきゅう)マッサージなど。

 日本空港ビルデングの鷹城勲会長兼CEO(最高経営責任者)は同日の開業イベントで「利用者にとって楽しく快適で便利な空港にしたい」と抱負を語った。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆