ニュース
» 2019年01月09日 10時21分 公開

家電・IT見本市「CES」開幕 5G、AIに注目

今年は高速大容量の次世代通信規格「5G」、人工知能、インターネットと家電・住宅設備の接続技術などに注目が集まっている。

[産経新聞]
産経新聞

 【ラスベガス=織田淳嗣】世界最大級の家電・IT見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2019」が8日(日本時間9日)、米ラスベガスで開幕した。過去最多の規模となる4500社以上が参加。今年は高速大容量の次世代通信規格「5G」、人工知能(AI)、インターネットと家電・住宅設備の接続技術などに注目が集まっている。

世界最大級の家電見本市「CES」が開幕し、入場客で賑わうラスベガス国際会議場=8日(現地時間)午前、米ラスベガス(織田淳嗣撮影)

 国内企業では、パナソニックがスマートフォンなどで電池残量や位置情報が確認できる同社の通信機器を搭載した米二輪車メーカーのハーレーダビッドソンの電動バイクなどを披露。シャープは超高精細な「8K」映像の最新技術を紹介する。

 海外企業ではサムスン電子、LG電子といった韓国勢、海信集団(ハイセンス)や華為技術(ファーウェイ)など中国企業が出展。LG電子は、ブース入り口に有機ELを使った曲面テレビによる大がかりな映像展示を行い、会場の注目を集めていた。

 CESは以前は薄型テレビなど家電の新商品発表の場となっていたが、スマホに代表される家電の高機能化に伴い、近年はAIや自動運転車、健康管理機器などに向けた最新技術の展示会としての性格を強めている。

 11日まで4日間で18万人以上の来場を見込む。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆