ニュース
» 2019年01月11日 10時40分 公開

コンビニ大手3社、駐車スペース共用 コスト削減、人手不足にも対応

セブン−イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンの大手コンビニ3社と経済産業省は10日、商品を配送するトラックの駐車スペースを共用する取り組みを始めると発表した。

[SankeiBiz]
駐車場の共同使用でタッグを組むコンビニ3社の関係者ら=10日、東京都千代田区

 セブン−イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンの大手コンビニ3社と経済産業省は10日、商品を配送するトラックの駐車スペースを共用する取り組みを始めると発表した。配送効率を上げ、深刻化する運転手の人手不足にも対応する狙い。

 これまで都心部の駐車場がないコンビニでは、それぞれが契約した近場の民間駐車場にトラックを止め、納品作業を行っていた。今回、3社は近くにある店舗同士で専用の駐車場を共同で借り上げる。配送時間も重ならないよう工夫しながら共同使用する。3社で費用を分担するためコスト削減につながる。

 セブンとローソンが手始めに15日からJR津田沼駅(千葉県)近くで取り組みを開始し、首都圏中心に運用の拡大を目指す。外食産業などの参画も呼びかける方針。10日、会見したセブンの青山誠一執行役員は「物流の課題解決に向けた第一歩だ」と述べた。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆