社員が自律的に成長し続ける組織の創り方

「社員が自律的に成長し続ける組織の創り方」の連載記事一覧です。

社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:

成長とはなんだろうか。ミスなく仕事ができる、業務知識が増えることだろうか? 仕事から得られる最高の報酬は決して失われることのない「人間としての成長」である。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:

前向きに働く上で大事なのは目的である。何のための仕事なのか、なぜこの仕事をやる必要があるのか。目的を明確にすることから成長は生まれる。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:

若手社員が求めているものにフィードバックがあるという。上司は伝えていると思っているが、実際届いていなければ意味はない。まずはこのギャップから埋めてみてはいかがだろうか。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:

若手社員の「ストレッチ」が重要とただ挑戦させていないだろうか。挑戦する意味を伝え、自信を湧かせ「大丈夫だ」という気持ちにつなげることを忘れてはいけない。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:

踏み込んだコミュニケーションによる信頼関係が求められているが、自信が持てずオープンになれない若手社員と、接し方が分からず表面的になってしまう管理職がいる。表面的な関係がこの状況を打破できないのでは。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()
社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:

メンバーが自律的に成長し続ける組織を望んでいるマネジャーは多いだろう。手取り足取り指示を出すのではなく自ら考える挑戦機会を提供し、学ぶ。成長のサイクルを回し続ける方法とは。

【上林周平(シェイク) , ITmedia】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆