ニュース
» 2019年01月31日 10時51分 公開

5G時代、自動車にも注力 村田製作所・村田恒夫社長

主力部品の積層セラミックコンデンサーは、5G時代の通信、自動車向けの双方で伸びるだろう。

[産経新聞]
産経新聞

 −−新たな3カ年の中期経営計画が来年度から始まる

 「成長分野である通信と車に力を入れていきたい。主力部品の(電気の流れを整える)積層セラミックコンデンサー(MLCC)は、5G時代の通信、自動車向けの双方で伸びるだろう。自動車向けでは自社製の横滑り防止のメムスセンサーや、(電気と磁気を互いに作用させる)インダクター系の製品もこれから伸びる。新しい製品に向けたM&A(企業の合併・買収)は考えていない」

インタビューに答える村田恒夫社長(奥清博撮影)

 −−米中貿易摩擦で、中国で華為技術(ファーウェイ)などの通信会社が締め出しを受けている

 「今、日本で問題になっているのは基地局であって、携帯端末としてのファーウェイは市場から締め出されているわけではない。部品の納入先ではあるが平成30年12月現在で、大きな影響は出ていない」

 −−ソニーから買収した電池事業の進捗(しんちょく)は

 「伸びているのは園芸工具向けの円筒形の電池。動力源をガソリンから電気に置き換える流れがある。一方、ラミネートタイプのスマートフォン向け電池は、当社が技術的に先行している部分が少ない。技術を蓄えたいと思う」

 −−家庭で発電した電気を大手電力に高値で買い取ってもらえる「固定価格買い取り制度(FIT)」が11月以降、順次終了する

 「村田ブランドでの家庭向け蓄電池システムを開発している。『FIT切れ』に合わせて市場投入していきたい。今後、販売ルートを切り開いていく」

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆