ニュース
» 2019年02月01日 11時20分 公開

パナソニック、IoT電動自転車でシェアリングサービス

利用者は事前に専用サイトで個人情報を登録し、利用時にQRコードを読み取る。料金は1時間当たり数百円程度となる見通し。

[産経新聞]
産経新聞

 パナソニックは31日、今年4月から、国内の都市部や観光地など数カ所で、電子錠の施錠や解錠のほか、走行データの記録などができる「IoT」の電動アシスト付き自転車を用いたシェアリングサービスの実証実験を始めると発表した。利用者は事前に専用サイトで個人情報を登録し、利用時にQRコードを読み取る。料金は1時間当たり数百円程度となる見通し。

パナソニックが開発した、IoTの電動アシスト付き自転車

 IoT電動アシスト付き自転車はパナソニックが開発した。衛星利用測位システム(GPS)により自転車の位置が分かるため管理もしやすい。シェアリングサービスでは1地域に数十台の電動アシスト付き自転車を用意し、走行時間や距離などを分析したうえで来年度中の本格実施を目指す。

 電動アシスト付き自転車を使ったシェアリングサービスは大手ではNTTドコモがすでに展開。メーカーでもあるパナソニックは、シェアリングサービスと販売の両方を手掛けることで相乗効果を狙う。

 実証実験はスマートシティー(環境配慮型都市)などでも想定しており、片山栄一執行役員は「まちづくりの中でシェアリングがどのように役立つかをみながら事業を進めたい」とした。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆