ニュース
» 2019年02月06日 10時47分 公開

ゲーム技術で発電所システムを開発 関電とDeNA

来年度に関電の舞鶴発電所1、2号機でシステムの本格運用を始め、検証と改良を加えた上で2020年代前半の外販開始を目指す。

[産経新聞]
産経新聞

 関西電力とディー・エヌ・エー(DeNA)は5日、石炭火力発電所の燃料運用スケジュールを最適化するシステムを共同で開発し、外販に向けて協業を進めることで合意したと発表した。来年度に関電の舞鶴発電所1、2号機(京都府舞鶴市、出力各90万キロワット)でシステムの本格運用を始め、検証と改良を加えた上で2020年代前半の外販開始を目指す。関電によると、電力会社とDeNAの協業は初めて。

 石炭火力発電所では、石炭をサイロでいったん貯蔵した後、複数の種類の石炭を取り出し、ボイラーで燃焼させることで電力を生み出している。しかし、石炭の組み合わせによっては十分な出力が得られなかったり、経済性が損なわれたりするため、熟練技術者が長年の経験に基づいて石炭の組み合わせやボイラーの運用スケジュールを半日がかりで作成していた。

 そこで、関電とDeNAは昨年、ゲーム開発に用いられる人工知能(AI)技術を応用したシステム開発の検討に着手。4カ月先までのスケジュールを数分程度で自動作成できるシステムを開発できるめどが立ったとし、協業に合意した。

 システムは国内外の石炭火力発電所以外に製鉄工場や化学プラントにも応用できる可能性があり、関電とDeNAは他社展開も共同で進める。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆