ニュース
» 2019年03月07日 10時35分 公開

KDDI、危険な場所でドローン活用 建築物の保守点検に

鉄塔や発電設備の保守点検など危険の大きい作業を人の代わりに行うことで安全性向上と作業の効率化を両立する。

[産経新聞]
産経新聞

 KDDIは6日、建築物の保守点検や農業などでドローン(小型無人機)を活用する法人向けサービスを6月から開始すると発表した。鉄塔や発電設備の保守点検など危険の大きい作業を人の代わりに行うことで安全性向上と作業の効率化を両立する。第5世代(5G)移動通信方式でより鮮明な画像をやりとりできるようになるため、市場の拡大も期待されている。

人に代わって、危険な作業現場での活用が期待される小型無人機「ドローン」=6日、東京都千代田区

 新サービスは、鉄道や道路など広域にわたる設備をドローンが巡回して異常を検知したり、鉄塔などの周辺を自動飛行し、指定した場所をカメラで撮影して点検したりする。実証実験では、必要な作業員は従来の半数で済み、作業時間も半分に短縮したという。

 ドローンの運用に必要な無線局開設や飛行申請などをKDDIが代行。今夏までに風力発電設備の点検や農場で農薬散布などのサービスを追加する。初年度は数十億円の売り上げを見込んでおり、平成35年度までに100億円超を目指す。

 今秋から本格運用が始まる5Gを活用すれば、より高精細な4K映像を通信できるようになる。4K映像は人の目と同程度の解像度といわれており、点検の精度も高まる。

関連キーワード

点検 | 産業用ドローン | 保守 | KDDI | 通信 | 安全


copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆