ニュース
» 2019年03月11日 10時21分 公開

震災復興へ、次世代技術で挑む 「自動運転・水素.5G」活用の動き本格化 (1/2)

 東日本大震災の発生から11日で8年となる。被災地では、自動運転や水素社会、第5世代(5G)移動通信方式によるモノのインターネット(IoT)を復興に活用する動きが本格化している。働き手不足が深刻化する一方で、地域の活性化には新たな成長産業の創出が必要なためで、被災地の課題に次世代技術で挑む。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

 東日本大震災の発生から11日で8年となる。被災地では、自動運転や水素社会、第5世代(5G)移動通信方式によるモノのインターネット(IoT)を復興に活用する動きが本格化している。働き手不足が深刻化する一方で、地域の活性化には新たな成長産業の創出が必要なためで、被災地の課題に次世代技術で挑む。

JR東日本などが実施したBRT専用道での自動運転バスの実験=1月29日、岩手県陸前高田市

 岩手県陸前高田市のJR大船渡線竹駒駅。津波で線路が流出したため、地元の足を担うのがバス高速輸送システム(BRT)だ。ここで日本初となるBRTの自動運転実証実験が行われた。

 運転手が運転席横のボタンを押すと自動運転バスは発車。運転席に運転手は座っているが操作はしない。それでもスムーズに滑り出し、走行レーンに沿って時速約30キロで走っていく。

 2車線のレーンが1車線になった場所では、前方から近づくバスを待つため自動で停止。すれ違うと、再び自動で走り始めた。実験走行が行われた447メートル区間の路面には、磁気でバスの走行位置を確認できるマーカーが埋め込まれる。

 JR東日本技術イノベーション推進本部の佐藤勲部長は「専用道なので実験はしやすい。BRTは東北復興のシンボルで、イノベーションで復興の力になりたい」と語る。実用化の時期は未定だが、技術的に大きな課題はないという。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆