ニュース
» 2019年04月09日 10時13分 公開

無人配送などの実証実験に、トヨタ、ソフトバンクなど34社参加

地方での事業化を支援するのが狙いで、経産省が同日開催した「自動車新時代戦略会議」にトヨタのほか、ホンダや日産自動車、マツダなどの自動車メーカーが参加した。

[産経新聞]
産経新聞

 経済産業省は8日、カーシェアリングや人工知能(AI)を活用した自動運転による無人配送など新たな交通サービスの実証実験に、トヨタ自動車やソフトバンクなど34社が参加すると発表した。地方での事業化を支援するのが狙いで、経産省が同日開催した「自動車新時代戦略会議」にトヨタのほか、ホンダや日産自動車、マツダなどの自動車メーカーが参加した。

 会議では、新サービスの実証実験に向けて、先駆的に取り組む「パイロット地域」を選ぶことを決定。山間地域や20万人規模の中規模都市など5〜10地域を夏までに公募した上で指定する。出てきた課題や情報共有、事業者のマッチングなどは「スマートモビリティー(乗り物)推進協議会」が取りまとめる。

 このほか、電気自動車(EV)の普及と社会的活用を促進するために、「電動車活用社会推進協議会」を夏までに創設する。東京電力など電力会社やNTT、リコー、ヤマト運輸など38社が参加し、商用車の利用拡大や、車載用電池のリサイクル、エネルギーシステムの分散化などを共同で進める。

 同日の会議に出席した世耕弘成経産相は「車と社会の融合に向け、ほかの産業や自治体との協調を後押ししていきたい」と抱負を語った。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆