ニュース
» 2019年04月12日 09時58分 公開

「令和に第3の用途花開く」 山中伸弥氏がiPS細胞を展望

京都大の山中伸弥教授は11日、東京都内で会見し、人工多能性幹細胞の用途について新時代への展望を語った。

[産経新聞]
産経新聞

 「令和にはiPS細胞の第3の用途が花開く」。京都大の山中伸弥教授は11日、東京都内で会見し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の用途について新時代への展望を語った。従来は主に再生医療と創薬だったが、今後はゲノム(全遺伝情報)解析と連携する医療応用が本格化すると指摘した。

山中伸弥・京都大教授=11日、東京都内(伊藤壽一郎撮影)

 山中氏は東北大との共同研究に関する会見に出席。東北大が凍結保存する東北地方の住民約15万人分の血液細胞を利用して京大がiPS細胞を作製し、医療研究に活用する計画を発表した。血液細胞のゲノムを解析し、どのような病気になりやすい体質かなどを予測し、作製したiPS細胞を使って確認するという。

 山中氏は「今までできなかったような一人一人に合った先制医療、予防医療の可能性が広がる」と説明。保存されている血液細胞の多くが東日本大震災の被災地住民から提供されたものであることから「被災地医療の向上につながる可能性もある。復興を応援する意味でも一層努力していく」と述べた。

関連キーワード

再生医療 | iPS細胞 | ゲノム | 被災地 | 共同研究 | 復興


copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆