ニュース
» 2019年04月16日 10時07分 公開

三井不動産、東ガスが日本橋室町エリアに自前で電力、熱を供給 災害時も可能

三井不動産と東京ガスは15日、東京・日本橋室町エリアに、都市ガスを燃料とし、電力と熱を供給する「日本橋スマートエネルギープロジェクト」を開始すると発表した。

[産経新聞]
産経新聞

 三井不動産と東京ガスは15日、東京・日本橋室町エリアに、都市ガスを燃料とし、電力と熱を供給する「日本橋スマートエネルギープロジェクト」を開始すると発表した。再開発した大型ビルだけでなく、既存のオフィスや百貨店、ホテルなどの周辺エリアの建物に電力と熱を供給するのは初めて。大地震などで系統電力が停止しても、ガス発電でほぼ通常と同水準の電力をエリアに供給でき、災害への強さを前面に出す。

日本橋スマートエネルギープロジェクトの発表会で握手する三井不動産の菰田正信社長(右)と東京ガスの内田高史社長=15日、東京都中央区(平尾孝撮影)

 3月に完成した「日本橋室町三井タワー」に、耐震性で実績のある中圧ガス導管で都市ガスを供給し、地下に設置したコージェネレーションシステムで発電。この電力と系統電力を独自に配した電力線で、重要文化財でもある三井本館や三越日本橋本店本館など、周辺の各施設に供給する。発電時に発生した熱も供給し、高効率を実現する。

 同日、会見した三井不動産の菰田正信社長は「昨年の北海道地震で系統電力遮断のリスクを改めて認識する企業は増えている」と語り、災害時でもガスによる発電で通常に近いレベルでの電力を供給できるメリットを強調。さらに、同様のシステムを令和2(2020)年完成予定の東京・豊洲2丁目駅前地区の再開発でも活用するなど、展開拡大を進める。

関連キーワード

電力 | ガス | 災害 | 三井不動産 | 地震 | 発電 | 事業継続


copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆