ニュース
» 2019年04月23日 14時06分 公開

シンガポール国際空港、新施設に日本勢出店

シンガポールのチャンギ国際空港内に、大型商業施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」が開業した。

[SankeiBiz]
SankeiBiz
「ジュエル・チャンギ・エアポート」にシンボルとして設けられた落差40メートルの滝。手前を走るのは空港ターミナルと結ぶ列車

 シンガポールのチャンギ国際空港内に、大型商業施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」が開業した。空港敷地内に集客力のある施設を造ることで「アジアのハブ」としての機能を強化したい考えで、日系企業も多数出店している。

 施設は地上5階、地下5階建てで、総工費は約17億シンガポールドル(約1400億円)。総床面積は約13万平方メートルで、計約280店が営業する。高さ40メートルの人工の滝は、屋内では世界最大の落差という。年間4000万〜5000万人の来場者を見込む。

 旅行データ会社OAGがまとめた昨年の「国際メガハブ空港」ランキングによると、チャンギ空港はアジアトップの8位。世界各地の空港はハブ機能の強化に向け設備投資を加速している。ジュエルの担当者は「施設を目的地の一つとして利用してもらい、シンガポールを乗り継ぎ先として選んでもらえるようにしたい」と話す。

 日系では、三井物産とJR東日本が日本の名産品などを扱う「JW360°」を出店した。三井物産の志水靖・交通プロジェクト部長は「“交通ハブ国家”であるシンガポールの利点を生かして日本の文化や商品を紹介したい」と意気込む。ポケモン(東京)は、関連商品を扱う「ポケモンセンター」をアジア地域で初めて開設。伊藤憲二郎・最高ビジネス責任者は「アジア市場への展開を考える上で(同施設は)最適な場所だ」と述べた。(シンガポール 森浩)

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆