ニュース
» 2019年04月26日 10時12分 公開

ソフトバンク、5Gで基地局10万局超整備へ

同社が総務省に申請した令和6(2024)年度末までの計画ではスマートフォン向けなど、主要な基地局を約7300局整備するとしている。

[産経新聞]
産経新聞

 ソフトバンクの宮川潤一副社長は25日、産経新聞のインタビューに応じ、第5世代(5G)移動通信システムで全国に10万局超の基地局を整備する計画を明かした。宮川氏は「投資効率を高め、どこよりも安くやる」と自信を見せた。同社が総務省に申請した令和6(2024)年度末までの計画ではスマートフォン向けなど、主要な基地局を約7300局整備するとしている。

ソフトバンクの宮川潤一副社長(右)と握手を交わす米グーグルの親会社アルファベット傘下「ルーン」のアラステア・ウェストガースCEO=25日、東京都目黒区(高木克聡撮影)

 宮川氏は「数千局、数万局では5Gはできない。地上の基地局は1社で10万局を軽く超える」と述べた。5Gに対応したサービスとともに基地局の整備を加速させる。

 通信料金を値下げする新プランを発表したNTTドコモへの対抗策については、KDDI(au)や10月に参入する楽天の動きを見極める考えを示した。

 また、ソフトバンクは同日、米IT大手グーグルの親会社、アルファベットと提携し、「空飛ぶ携帯電話基地局」の実現に乗り出すと発表した。飛行機に基地局を載せ、上空約20キロの成層圏から電波を発信。5G移動通信システムの本格導入を控え、投資額を抑えて広大な通信エリアの構築を目指す。災害時の対応強化にもつながる。豪州などで2023年の実用化を目指す。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆