ニュース
» 2019年05月08日 10時57分 公開

国内火力で約5割握る巨大「JERA」 再生エネルギーに本腰 (1/2)

東京電力ホールディングスと中部電力が折半出資する「JERA」が、再生可能エネルギー事業に本腰を入れる。

[産経新聞]
産経新聞

 東京電力ホールディングス(HD)と中部電力が折半出資する「JERA(ジェラ)」が、再生可能エネルギー事業に本腰を入れる。発電容量は現在65万キロワットに過ぎないが、令和7(2025)年度までに8倍近い500万キロワットまで拡大させる。これまでのビジネスで築いた海外拠点網や大規模プロジェクトをまとめるノウハウが武器になるとにらみ、洋上風力発電を中心に攻勢をかけるが、勝算はいかに−。

3.6兆円の巨大企業

JERAが昨年12月に参画を発表した台湾での洋上風力発電事業(JERA提供)

 「液化天然ガス(LNG)関連と再生エネの2つがこれからは成長領域だ。コア(中核)の事業として育てていきたい」。JERAの小野田聡社長は4月17日、産経新聞のインタビューでこう強調した。小野田氏は中部電副社長から転出して4月1日にJERA社長に就任したばかりだ。

 JERAは4月に東電・中部電の国内火力発電事業を承継し、平成27年4月の設立から段階的に進めてきた統合を完了させた。社名は世間になじみがあるとはいえないが、JERAが持つ国内の火力発電所は建設中を含めて26カ所あり、総発電容量は6700万キロワットと国内火力発電設備の約5割を占める。売上高は31年度の見通しで3.6兆円に達し、知る人ぞ知る巨大エネルギー企業でもある。

英国や台湾に参画

 そのJERAが今、再生エネで打って出るのはなぜか。経営企画本部長の奥田久栄常務執行役員は、JERAが再生エネを展開する上での強みを2つ挙げる。

 一つは、すでに海外で事務所などの拠点網を持っており、海外のエネルギー企業などとの関係も築いているため、「(再生エネの)事業をするためのプラットホーム(基盤)ができている状態」(奥田氏)にあることだ。もう一つは、JERAは国内外で大規模プロジェクトを手がけてきた経験があり、そうしたノウハウを活用できることだ。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆