ニュース
» 2019年05月28日 10時13分 公開

パワーアシストスーツ導入 アサヒ飲料工場 生産性アップへ

職場環境の改善に役立てるとともに業務の効率化を図る。

[産経新聞]
産経新聞

 アサヒ飲料の群馬工場(群馬県館林市)は、パナソニックなどが出資するスタートアップ企業「ATOUN」(あとうん、奈良市)のパワーアシストスーツを導入した。職場環境の改善に役立てるとともに業務の効率化を図る。

従業員の身体的負荷を減らすことを目的としている(アサヒ飲料株式会社ホームページより)

 導入したのは、背負う形で装着する着用型ロボットの「アトウンモデルY」。重量のある荷物を持つ際の腰の動きをセンサーが感知し、内蔵モーターの力で中腰姿勢のときにかかる腰の負担を軽減する。

 同工場では、原材料の搬入などで自動化が難しい工程がある。従業員は重い物を繰り返し持ち上げる作業が頻繁にあるため、身体面での負担になっていた。

 アサヒ飲料は負担軽減が可能なパワーアシストスーツに着目。群馬工場はじめ明石工場(兵庫県明石市)、富士山工場(静岡県富士宮市)の計3工場に導入した。これまでに「連続した作業への腰への負担が軽減された」との声が寄せられているという。

 今後は他工場への導入拡大を検討し、「生産性の向上と働き方改革を進めていく」(同社)としている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆