ニュース
» 2019年05月29日 10時20分 公開

富士フイルム、栃木に内視鏡のスマート工場新設 AI活用で生産性向上

医療用の内視鏡スコープの増産に向け、栃木県佐野市に人工知能やモノのインターネットの技術を活用した「スマート工場」を新設する。

[産経新聞]
産経新聞

 富士フイルムは28日、東京都内で内視鏡事業の戦略説明会を開き、医療用の内視鏡スコープの増産に向け、栃木県佐野市に人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の技術を活用した「スマート工場」を新設すると発表した。従来比で生産能力が2倍となり、生産性も3割向上すると見込んでいる。

 新工場は子会社の富士フイルムテクノプロダクツ(神奈川県南足柄市)の佐野工場内に建設。総投資額は約40億円で、6月末に建屋が完成し、9月から稼働する。

 内視鏡スコープの生産は顕微鏡を使った組み立てや目視による検査といった熟練者の経験に頼る部分が多い。新工場では、こうした作業工程をAIなどを活用してデジタル化・自動化し、生産にかかる時間を大幅に短縮する。

 同社は、令和元年度を最終年度とする中期経営計画のヘルスケア事業の目標について、傘下の内視鏡事業の拡大などを踏まえ、売上高を5000億円から5100億円、本業のもうけを示す営業利益を400億円から440億円に上方修正している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆