ニュース
» 2019年06月11日 10時22分 公開

本物そっくり「人工肉」に注目 味や抵抗感払拭に課題も (1/2)

動物から採取した細胞を培養する「培養肉」の研究が本格化し、植物を材料とした食肉代替品も相次いで商品化。

[産経新聞]
産経新聞

 本物の肉の味や食感を人工的に再現した「人工肉」が注目されている。動物から採取した細胞を培養する「培養肉」の研究が本格化し、植物を材料とした食肉代替品も相次いで商品化。世界の人口増加に伴う食糧危機の“救世主”として期待されているが、味や心理的抵抗感の払拭といった課題もある。(手塚崇仁)

 「将来、需要に供給が追いつかずに食肉の価格が高騰する可能性がある。肉を食べたくても食べられないときのために選択肢をつくりたい」

 今年3月、培養肉の「ステーキ肉」を日清食品と共同開発した東京大生産技術研究所の竹内昌治(しょうじ)教授は、力を込めた。

 開発された「ステーキ肉」は、牛の筋肉細胞を特殊な培地で育てた細長い筋繊維を層状に重ねて培養、長さ1センチ、幅0.8センチ、高さ0.7センチの弾力あるサイコロ状に固めたもの。今後は、肉本来の味を再現するのに不可欠な血液成分の注入や、細胞間の結びつきを強固にして肉自体を「大きく」していくのが課題という。

 細胞培養肉の研究開発に取り組むベンチャー企業「インテグリカルチャー」(東京)も、同様の難題と格闘している。同社は平成29年、人工鶏フォアグラの試作に成功。担当者は「難しさはあるが、なんとか解決し、2025年には培養ステーキ肉を完成させたい」と展望を語った。

 人工肉に脚光が集まっている背景には、将来的に発生が予想される世界規模の食糧難がある。

 農水省の統計資料によると、世界の人口は現在の約70億人から2050年までに90億人以上に増加。これに伴いアジアの1人当たりGDPは10年と比べて3倍、アフリカでは5倍近くになると予想されている。経済発展に伴い、これらの国が肉を積極的に食べるようになる(欧米化する)など食習慣が変化すれば、食肉消費量が爆発的に増加することが見込まれ、対応は急務といえる。

 こうした状況を受けて、海外では数年前から、植物由来の人工肉ブームが起きている。

 米ファストフードチェーン大手「バーガーキング」は4月から、植物性の代用肉を製造している「インポッシブル・フーズ」と共同開発した大豆などを原料にしたパテを使ったハンバーガー「インポッシブル・ワッパー」を、米国の一部店舗で発売し始めた。「見た目だけでなく食感や味も本物のハンバーガーそっくり」と話題を呼んでいる。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆