ニュース
» 2019年06月18日 10時01分 公開

楽天、ドローン配送7月開始 国内初の有料サービス、人手不足補う

楽天は過疎地域など、他地域でも順次実施したい考えで、人手不足が深刻な物流網を新しい配送技術で補う狙いだ。

[産経新聞]
産経新聞

 楽天は17日、神奈川県横須賀市の無人島「猿島」で、食材などを小型無人機ドローンで運ぶサービスを7月に始めると発表した。休暇などで同島に滞在する人の利用を想定しており、実際の利用者にドローンで直接商品を届ける有料配送としては国内初。楽天は過疎地域など、他地域でも順次実施したい考えで、人手不足が深刻な物流網を新しい配送技術で補う狙いだ。

猿島に向かうドローン=17日午後、神奈川県横須賀市(三尾郁恵撮影)

 今回のサービスは、7月4日から3カ月の間、木、金、土曜の週3日で実施。配送料は500円で午前10時半から午後2時10分まで、最大で8便運航する。天候によっては中止することもある。

 使用するドローンは、提携している中国の電子商取引(EC)大手の京東集団が開発。最大重量5キロまでの荷物を運ぶことができる。1.5キロの経路を約5分間で飛行する。

 利用者は専用の配送注文アプリで発注、楽天のスマートフォン決済「楽天ペイ」で支払う。バーベキューの食材や飲料品、救急用品など400品目を購入でき、対岸の西友店舗から商品が届く。

 楽天の安藤公二常務執行役員は「新しい買い物体験を身近に感じてほしい。陸上の配送と比べて、利便性を感じられるサービスにしていく」と話した。将来的には交通の便が悪い買い物弱者向けの配送サービスや災害時の緊急支援物資の輸送などの実現を目指す。配送注文アプリは、実験中の地上配送ロボットを使った無人配送サービスにも対応する予定という。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆