ニュース
» 2019年07月08日 11時05分 公開

「酒場のサブスク」 毎日タダ飲み!?想定外の利用頻度 (1/3)

飲み屋さんに特化したサブスクアプリも続々登場している。

[産経新聞]
産経新聞

 定額料金で期間中何度でもサービスを利用できるサブスクリプション(サブスク)。市場は今年度約6486億円(矢野経済研究所予測)に達する見込み。そんななか、お得な「酒場のサブスク」も広がっている。東京・銀座でスタートした日本初のクラフトビール専門のサブスクは、会員の来店頻度が店側の想定を大きく上回り、新規の「常連さん」がにぎわいを生んでいる。飲み屋さんに特化したサブスクアプリも続々登場している。(重松明子)

「月額2496円」で平日いつでも、個性豊かなクラフトビールが1杯飲める「ビア・トゥ・ゴー」の白濱大知店長=東京都中央区

 銀座の数寄屋橋交差点前。ビルの谷間に珍しい植物が生い茂る公共空間「銀座ソニーパーク」がある。ソニービル建て替えに伴い生まれた暫定的な新名所だが、パークの地下4階深くにクラフトビール&デリの専門店が潜んでいることは、あまり知られていない。

 その店「ビア・トゥ・ゴー」は6月、月額2496円で1日1杯、最大17種類(500円)の個性豊かなビールが無料で飲めるサブスクを始めた。平日限定だが、仮に月20日“皆勤”すると実質1万円以上となるサービスだ。

 展開するスプリングバレーブルワリーでは料金設定の根拠として「1カ月間で約5回の来店」を想定していたが、フタを開けてみればサブスク会員の2割が毎日詰めかけ、週2〜3回が6割とかなりの頻度。「1杯だけの客」が大半で、もうけにならないのでは?

 「それよりもにぎわいができたことが一番の成果。以前は、お客が全くいなくなる時間帯もあり、入りづらさで引き返す人もいたんです」と、白濱大知店長(38)が打ち明けた。

 会員数は15日目で125人(取材日=7月1日現在)。うち1日約50人が来店している。「サブスク目がけて地下に降りてきてくれる新たな常連さんたちによって、人の流れと活気が生まれた。パーク側からも評価していただいています」と白濱店長。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆