ニュース
» 2019年07月11日 10時47分 公開

日本人43万人減 過去最大の減少幅 人口動態調査 三大都市圏も初の減少

国内の日本人は前年より43万3239人少ない1億2477万6364人で、10年連続の減少となった。

[産経新聞]
産経新聞

 総務省は10日、今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査の結果を発表した。国内の日本人は前年より43万3239人少ない1億2477万6364人で、10年連続の減少となった。減少幅が40万人を超えたのは昭和43年の調査開始以来、初めて。昨年1年間の出生数は最少の92万1000人で、3年連続で100万人を割った。出生数が死亡数を下回る自然減は12年連続となり、少子化が加速する現状が際立つ。

 三大都市圏(東京、名古屋、関西)の人口も調査を始めた昭和50年から初めて減少し、前年より1万3547人少ない6452万799人だった。東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)の増加分を名古屋圏(岐阜、愛知、三重)と関西圏(京都、大阪、兵庫、奈良)の減少幅が上回った。

 人口が増えたのは、東京圏と沖縄の5都県。東京都は前年比0.56%増の7万3205人と増加率、数ともにトップで、「東京一極集中」に歯止めがかかっていない。

 人口の年齢別割合は14歳以下の12.45%(前年比0.12ポイント減)に対し、65歳以上は2倍超の28.06%(同0.40ポイント増)に上り、少子高齢化が一層進んでいる。15〜64歳の生産年齢人口は59.49%(同0.28ポイント減)だった。

 日本に住民登録している外国人は前年比16万9543人(6.79%)増の266万7199人。日本人と合わせた総人口は1億2744万3563人で前年を26万3696人下回った。

関連キーワード

調査 | 少子高齢化 | 総務省


copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆