ニュース
» 2019年07月18日 11時14分 公開

シャープ、介護関連事業に参入 施設の業務効率化を支援

介護関連ビジネスに参入し、施設向けに高齢者の生活機能訓練システムを販売する。

[産経新聞]
産経新聞

 シャープは17日、介護関連ビジネスに参入し、施設向けに高齢者の生活機能訓練システムを販売すると発表した。システムではタッチディスプレーによる「塗り絵」など20種類のゲームを活用した訓練を行うほか、訓練計画の作成や記録・管理も自動で実施。人手不足が深刻化する介護現場の業務効率化につながるという。

シャープが8月から販売する「頭の健康管理サービス」のゲームに取り組む高齢者=大阪市北区

 システムは「頭の健康管理サービス」と名付け、8月以降に提供。まずはデイサービスを展開する全国の通所施設の約5%にあたる2800施設への販売を目指す。

 利用者ごとにゲームの成績に応じた訓練プログラムを策定するほか、ゲームの成績を記録・管理するため、施設側はこれまでスタッフに頼ってきた作業を省くことが可能になる。システムをフルセットで契約した場合、利用者30人で年約50万円となる。

 人手不足に悩む介護現場では、スタッフの業務負担が増えるとして生活機能訓練を敬遠するような動きもあるといい、シャープの担当者は「サービスを導入することで、高齢者にとって適切な生活機能訓練が実施されることも期待できる」としている。

関連キーワード

介護 | 学習 | ゲーム | シニア | シャープ | 業務効率


copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆