ニュース
» 2019年08月01日 09時53分 公開

「手術支援ロボ」保険診療開始 腎がんと子宮がん 滋賀県立総合病院 8月から

滋賀県立総合病院は、手術支援ロボット「ダビンチ」を用いた腎がんと子宮がんの手術で保険診療を開始する。

[産経新聞]
産経新聞

 滋賀県立総合病院(守山市)は今月から、手術支援ロボット「ダビンチ」を用いた腎がんと子宮がんの手術で保険診療を開始する。7月16日までに在籍する医師が10症例の経験を積み、条件を満たした。子宮がんのロボット支援手術の保険適用は滋賀県内で初めて。

滋賀県立総合病院に導入されたダビンチ(同病院提供)

 ダビンチは米国企業が開発した医療ロボットで、内視鏡カメラや鉗子(かんし)、メスなどの手術器具を付けたアームを駆使して、医師が患者の体内を3次元画像で確認しながら、手術台から離れた場所で手術ができる。

 一般的な内視鏡に比べて可動域が広く、操作性にも優れ、細かい患部の切除や縫合が可能。手ブレが補正され、神経や血管を傷つける可能性が低く傷口も最小限に抑えられ、患者の体への負担を軽減できるメリットがあるとされている。

 新たに保険適用される子宮がんは消化器など他のがんに比べて患者の年齢層が低く、仕事を抱えた現役世代の患者が多いのが特徴。身体への負担の少ないロボット支援手術の普及によって職場への復帰を早められることが期待されており、同病院は「多くの人にロボット支援手術のメリットを知ってもらい、選択肢に加えてほしい」としている。

 同病院では今年5月に、最新型の「ダビンチXi」を導入し、前立腺がん手術などの保険診療の届け出も行った。滋賀県内では同病院のほか、大津市民病院(大津市)や済生会滋賀県病院(栗東市)など5病院もダビンチを導入しており、保険適用の範囲を広げようと、治療費の一部を補助するなどして症例を積んでいる。

関連キーワード

保険 | がん | ロボット開発 | 医療


copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆