ニュース
» 2019年08月05日 13時10分 公開

短距離移動「電動キックボード」の実験行う 広島・福山市

次世代の短距離移動手段として注目されている「電動キックボード」の実証実験が広島県福山市で行われた。

[産経新聞]
産経新聞

 次世代の短距離移動手段として注目されている「電動キックボード」の実証実験が広島県福山市で行われた。同市霞町の市中央公園では、市民参加型の電動キックボードの試乗体験も行われ、約100人が軽快に乗りこなした。実証実験は中国地方では初めて。

電動キックボードの試乗体験をする市民=広島県福山市

 同市独自の支援事業「市実証実験まるごとサポート事業」に採択され、電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティの普及を目指すベンチャー企業「Luup( ル ー プ )」が実施。電動キックボードが安全・快適に利用できる条件や地域の回遊性向上、活性化の可能性などについて検証するという。

 Luupは電動キックボードのシェアリングサービスを目標にしており、GPSでの定点観測や専用アプリの検証、利用状況のデータ分析なども実施するとしている。

 しかし、電動キックボードは道路交通法上、原動機付き自転車の扱いとなるため、歩道での走行はできない。市ICT推進課は「電動キックボードは公共交通の一つとして、1マイル(約1.6キロ)の移動に便利。関係機関に働きかけて、市内で気軽に利用できるようしたい」と意気込んでいる。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆