ニュース
» 2019年08月09日 07時18分 公開

大麦ストローが海を守る 福井の脱プラ救世主 (1/2)

飲み物に使われる「ストロー」はもともと、英語で「麦わら」を意味する。この原点に立ち返り、大麦の茎を使ったストローが7月、六条大麦の一大産地である福井県の企業から商品化された。

[産経新聞]
産経新聞

 飲み物に使われる「ストロー」はもともと、英語で「麦わら」を意味する。この原点に立ち返り、大麦の茎を使ったストローが7月、六条大麦の一大産地である福井県の企業から商品化された。大量生産への課題はあるが、プラスチックごみによる海洋汚染が国際問題となる中、プラスチック製ストローの代替品として注目を集めている。

「福井大麦倶楽部」が商品化した大麦ストロー=福井市

六条大麦で日本一

 福井県は水田転作で昭和50年代から六条大麦の栽培が広がり、作付面積は約5千ヘクタールで全国1位。収穫量も、平成30(2018)年こそ大雪の影響で2位に甘んじたが、平成29年まで年間1万5千トン前後を生産し、トップを走り続けていた。

 この一大産地・福井で、大麦のストローを7月に発売したのは「福井大麦倶楽部」(福井市)。福井県産の六条大麦を原材料に白米に交ぜるもち麦、麦茶などの商品を製造し、インターネットを中心に販売してきたが、今回、大麦ストローを家庭向け10本入り300円(税別)、飲食店向け250本入り7500円(同)で売り出した。

 大麦ストローは実は、以前から存在していた。

 同社は平成22年の創業時から、麦畑の風情を感じてもらおうと、商品購入者向けに夏限定で大麦ストローをプレゼントしていた。高齢者は「麦畑から切り取って使っていたのと同じだ」と懐かしがり、若い人は珍しがったりと、好評を博していたという。

 商品化した際には一般家庭だけでなく、自然派のレストラン、リゾート地の飲食店などから予約などが相次いだ。そして7月下旬までに約3万本を販売。大手外食チェーンや商社からの問い合わせも約10件あった。

「脱プラ」で関心高く

 企業が大麦ストローに関心を寄せるのは、プラスチックごみによる海洋汚染が国際問題化し、プラ製品の代替を求めている「脱プラ」を進めるためだ。マクドナルドやスターバックスコーヒーという外資系外食チェーンが中心となって、プラスチックストローからの切り替えに着手している。

 また、6月に大阪で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)では主要議題の一つになり、2050年までにプラごみをゼロにする目標が首脳宣言に盛り込まれた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆