ニュース
» 2019年08月14日 10時12分 公開

誰でも、どこでもマッスル飯 「低GI」食品→眠くなりにくく、手軽に栄養補給 (3/3)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2|3       

 エナジーバーやプロテインバーは、スポーツだけではなく幅広いシーンで使える。低GIの食品は血糖値を急激に上昇させないため眠くなりにくく、仕事中の間食や子供の栄養補助食品にも向いているという。中村さんは「幅広い世代の人においしく栄養をとってほしい」と話している。(大渡美咲)


高タンパク商品、コンビニも展開

 コンビニエンスストアのローソンでは「マチの健康ステーション」として平成24年から、味と健康を両立させた「ロカボ・健康志向食品」の開発に取り組んでいる。ロカボとは糖質量を1日70〜130グラムをめどに摂取する緩やかな糖質制限の食生活だ。

 代表的な商品では、糖質量を1個あたり2.2グラムに減らした「ブランパン(2個入り)」が根強い人気。また、高タンパク質、低カロリーな鶏の胸肉を使った「サラダチキン」も多彩な味を開発、販売している。

 29年ごろからはナチュラルローソンで筋トレやランニングなど、トレーニングをしている人が、コンビニでも気軽にタンパク質をとれるプロテイン商品を販売。ドリンクタイプやバータイプなどさまざまな商品を40〜50種類ほど展開している。こうした健康商品の購入者のうち、約6割が女性だという。

前のページへ 1|2|3       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中

ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、ソニーモバイルコミュニケーションズのワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo(XEA20)」もしくはBoCoのワイヤレス骨伝導イヤホンヘッドセットタイプ「FIT BT-1」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆