ニュース
» 2019年08月23日 10時06分 公開

あいおいニッセイとコニカミノルタ、介護ベンチャーと資本提携

ウェルモが持つ人工知能を使った介護計画の自動作成システムと、あいおいニッセイが保有する介護事業者向けの保険情報やコニカミノルタの画像認識技術を組み合わせ、生産性の高い介護サービスの提供を目指す。

[産経新聞]
産経新聞

 あいおいニッセイ同和損害保険とコニカミノルタは22日、介護福祉関連のベンチャー企業のウェルモと資本業務提携を締結したと発表した。ウェルモが持つ人工知能(AI)を使った介護計画の自動作成システムと、あいおいニッセイが保有する介護事業者向けの保険情報やコニカミノルタの画像認識技術を組み合わせ、生産性の高い介護サービスの提供を目指す。

 各社の持つデジタル技術や情報を連携させることで効率的な介護計画の作成や見守り業務の効率化を図るとともに、新しい保険商品やサービスの開発など出資企業の事業展開にも役立てる。この2社以外にベンチャー企業やファンドなどが出資しており、ウェルモへの合計出資金額は11.7億円となる。

 ウェルモの鹿野佑介最高経営責任者(CEO)は「介護現場の負担を軽減する科学介護をさらに広く展開したい」と述べた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中

ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、ソニーモバイルコミュニケーションズのワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo(XEA20)」もしくはBoCoのワイヤレス骨伝導イヤホンヘッドセットタイプ「FIT BT-1」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆