ニュース
» 2019年08月28日 09時51分 公開

東北大、第一生命、NTTデータが包括協定 地方創生で

東北大の研究教育の成果、第一生命の保険ビジネスの知見、NTTデータの最先端の情報通信技術といったそれぞれの強みを生かし、研究開発や人材育成などに取り組む。

[産経新聞]
産経新聞

 東北大(仙台市)、第一生命保険(東京)、NTTデータ(同)の3者は27日、産学連携によるイノベーション(技術革新)創出と地方創生を目的とした包括連携協定を結んだ。東北大の研究教育の成果、第一生命の保険ビジネスの知見、NTTデータの最先端の情報通信技術(ICT)といったそれぞれの強みを生かし、研究開発や人材育成などに取り組む。

包括連携協定を締結した(右から)第一生命保険の渡辺光一郎会長、東北大の大野英男総長、NTTデータの本間洋社長=27日、仙台市青葉区(石崎慶一撮影)

 包括連携では、疾病の早期発見や予防、健康増進などのテーマをプロジェクト化し、生活の質(QOL)の向上や健康寿命の延伸に役立つ研究を行う。また、大量のデータを分析し、ビジネスに生かす「データサイエンティスト」育成のため、教育プログラムを共同開発するという。

 東北大で協定の締結式が行われ、同大の大野英男総長は「われわれの研究データが第一生命とNTTデータの知見で深まり、社会に還元されることを期待している」と述べた。第一生命の渡辺光一郎会長は「新しい時代の産学連携のモデルになるよう努力していく」と話し、NTTデータの本間洋社長は「デジタルとヘルスケアを掛け合わせ、社会課題の解決に貢献したい」と抱負を語った。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆