ニュース
» 2019年09月02日 10時33分 公開

スパコン「京」7年の役目に幕 最先端研究に貢献

京は撤去され、跡地では京の100倍の速度を目指す後継の「富岳(ふがく)」が令和3年にも運用を始める。

[産経新聞]
産経新聞

 生命科学や医療、防災、宇宙などさまざまな分野の発展に活躍した理化学研究所計算科学研究センター(神戸市)のスーパーコンピューター「京(けい)」が30日、本格稼働から約7年の役目を終え、電源が落とされた。京は撤去され、跡地では京の100倍の速度を目指す後継の「富岳(ふがく)」が令和3年にも運用を始める。

スーパーコンピューター「京」のシャットダウンの式典=30日午後、神戸市中央区の理化学研究所計算科学研究センター(南雲都撮影)

 京の計算能力は毎秒1京510兆回。平成18年に約1110億円かけて政府主導で開発がスタートし、大手メーカー数社が計画に参加したが業績悪化を理由に撤退。富士通単独での製造となった。23年に計算速度の世界ランキングで1位となり、24年に本格稼働。最先端の研究に大きく貢献した。

 同研究センターではこの日、関係者約170人が集まりシャットダウンセレモニーが行われ、理研の松本紘理事長が「京は本格稼働以降、科学研究の基盤として第一線で活躍し続けた。シャットダウンは寂しく思うが、後継機が社会の発展に貢献できるよう全力を尽くしていく」とあいさつ。

 スクリーンで京の歩みや功績が紹介された後、関係者によって「京」の電源が一つずつ落とされていった。完全に電源が落とされると周囲からは拍手が起こった。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆