ニュース
» 2019年09月04日 10時23分 公開

東レなどと開発の新ソーラーカー、東海大が公開

東海大は3日、東レなどと共同開発したソーラーカーを同大湘南キャンパスで公開した。

[産経新聞]
産経新聞

 東海大は3日、東レなどと共同開発したソーラーカーを同大湘南キャンパス(神奈川県平塚市)で公開した。オーストラリア大陸を縦断する世界最大級の学生レース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ」(10月13〜20日)に向けたもので、産学連携で磨いた最新技術で8年ぶり3度目の優勝を目指す。

参戦発表会でガッツポーズする東海大の生徒ら=3日、神奈川県平塚市(萩原悠久人撮影)

 約3千キロのレースに挑む「東海チャレンジャー」(長さ4.9メートル、幅1.2メートル、高さ1メートル)は翼のない飛行機のような1人乗りで重さ約140キロ、最高時速120キロ。約50社・団体がスポンサーで、平成23年から車体を共同開発している東レは強度と弾性を両立した新型のカーボン素材を投入。風切り音が出ないほど空気抵抗も抑えた。大会スポンサーでもあるブリヂストンが悪路でも低抵抗を維持するタイヤを提供した。

 レースは隔年で東海大は21、23年と連覇。天候や発電効率も監視・調整するなど高度な運用が必要で、経験者は自動車メーカーなどの技術者に育っている。

 今回は約45チームが参戦。発表会で、東レ・カーボンマジック(滋賀県米原市)の奥明(あき)栄(よし)社長は「王座を奪還し日本の工業界を支える人材に成長してほしい」と激励し、約70人のチームリーダーを務める工学部4年、武藤創(あらた)さんは「最善を尽くす」と誓った。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆