ニュース
» 2019年09月18日 10時34分 公開

カメラで見守り、顔認証で支払い……。パナが吹田でスマートタウン

画像認識技術を活用した見守りや地域の医療機関と連携し、住民が健康アドバイスを受けられるなどのサービスを計画する。

[産経新聞]
産経新聞

 パナソニックは17日、大阪府吹田市のJR東海道線岸辺駅北側で進める次世代型都市開発スマートタウン「Suita SST(サスティナブル・スマートタウン)」計画の概要を発表した。画像認識技術を活用した見守りや地域の医療機関と連携し、住民が健康アドバイスを受けられるなどのサービスを計画する。令和4年春に開業予定。

パナソニックが大阪府吹田市で計画する「Suita サスティナブル・スマートタウン」のイメージ図(パナソニック提供)

 国立循環器病研究センターなどを核として周辺で進む再開発事業「北大阪健康医療都市」と連携。高齢化社会への対応を課題に、多世代居住などをテーマとする。

 タウン内では、防犯カメラで不審者や転倒している人を早期に発見したり、顔認証で商業施設の決済ができたりするサービスの導入を検討。また、消費する電力のほとんどを太陽光発電など再生可能エネルギーでまかなうという。

 敷地面積は2.3ヘクタール。分譲マンションなど365戸のほか、高齢者グループホームやデイサービスを備えた複合施設、スーパーを中心とする商業施設を建設する。

 同タウンにはパナソニックのほか、JR西日本やNTT西日本、関西電力など14社が参画。パナソニックは平成26年に神奈川県藤沢市、30年に横浜市港北区でスマートタウンの運営を始めており、今回が3カ所目となる。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆