ニュース
» 2019年09月19日 11時05分 公開

駅やコンビニで荷物受け取り 再配達解消へ アマゾンが小田急などと提携

駅やコンビニで配送された荷物を受け取る大型のロッカーと、提携企業の店舗の店員による荷物の受け渡しができる拠点を東京、神奈川の各地に開設する。

[産経新聞]
産経新聞

 アマゾンジャパンは18日、駅やコンビニで配送された荷物を受け取る大型のロッカーと、提携企業の店舗の店員による荷物の受け渡しができる拠点を東京、神奈川の各地に開設すると発表した。小田急電鉄やファミリーマートなどと提携し、年内に計200拠点に広げる予定。来年以降、全国に拡大する考えだ。

18日、東京都内で、アマゾン・ジャパンが発表した荷物を受け取るための大型ロッカー(岡田美月撮影)

 今回始まるのは駅やコンビニに設置された専用ロッカーと提携企業の店舗で、アマゾンを通じて購入した商品を受け取ることができるサービスだ。小田急は国内の鉄道各社で初めてアマゾンと提携。今月から年末にかけ、下北沢や経堂などを皮切りに計10駅でロッカーを設置する。

 受け取りを希望する利用者は商品購入時に受け取るロッカーの場所を検索、選択する。所定の場所に商品が到着すると、受け取りに必要なバーコードがスマートフォンに届く。ロッカーに取り付けられた読み取り機にバーコードをかざすと扉が開き、商品が受け取れる仕組みだ。提携先の店舗を利用する場合は、各店舗の店員が対応する。

 アマゾンのジェフ・ハヤシダ社長は「ドライバーの再配達に関する負担軽減は大きな課題だ」と指摘。「お客さまの受け取れる選択肢を増やし、負担が軽減できれば」と述べた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆