ニュース
» 2019年09月24日 10時50分 公開

スタッフは半分……「変なホテル」の中身 (1/2)

ホテルの魅力といえばドアマンやコンシェルジュによる至れり尽くせりのサービスを連想するが、最近はロボットによる接客や、スマホアプリを用いた室内設備の操作など、究極の省力化やセルフ化が新しいホスピタリティーになっている。

[産経新聞]
産経新聞

 ホテルの魅力といえばドアマンやコンシェルジュによる至れり尽くせりのサービスを連想するが、最近はロボットによる接客や、スマホアプリを用いた室内設備の操作など、究極の省力化やセルフ化が新しいホスピタリティー(おもてなし)になっている。ホテル側には、人手不足を克服するため機械化や自動化を迫られている事情があるが、同時に、IoT(モノのインターネット)など最新技術の体験を宿泊サービスの付加価値にする狙いもある。 (田村慶子)

「ロボホンルーム」ではロボット型携帯端末「ロボホン」が出迎えてくれる=3月、大阪市中央区「変なホテル大阪 西心斎橋」(田村慶子撮影)

ロボホン、ダンスでおもてなし

 ロボットによる接客を打ち出し、宿泊業界で先端技術導入の先駆けとなったのは、エイチ・アイ・エス傘下の「変なホテル」だ。

フロントでは恐竜ロボットに出迎えられ、スタッフと対面しないままセルフチェックインが可能。また客室ではシャープのモバイル型ロボット電話「ロボホン」が施設情報などを提供し、余興のダンスまで披露する。一般的なホテルと比べ、半分以下のスタッフで運営する省力化を実現している。

 6月に大阪市北区で開業した「STAY Vintage NAKAZAKI」も、客があらかじめスマホに入力した宿泊情報を基に、チェックインを大幅に簡素化する仕組みを試験的に導入した。ホテルを運営するトラスタ(東京都渋谷区)は、このシステムの外販も計画している。

 同社は、アメニティー用品の品切れを在庫の重量から予測し、担当者に自動でメールを送る仕組みも、6月から一部の施設で取り入れた。

69室の運営、2〜3人のスタッフ

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆