ニュース
» 2019年09月27日 10時37分 公開

セブン、再エネ100%店舗の実証実験開始 まずは神奈川県内の10店で

店舗に設置した太陽光パネルと蓄電池などを組み合わせ、必要な電力量をまかなう。

[産経新聞]
産経新聞

 セブン−イレブン・ジャパンは26日、自社の一部店舗で、運営に必要な電力の全量を再生可能エネルギーから調達する実証実験を順次始めると発表した。店舗に設置した太陽光パネルと蓄電池などを組み合わせ、必要な電力量をまかなう。二酸化炭素(CO2)の排出量削減により、持続可能なコンビニ運営を目指す。

店舗運営に必要な電力を全て再生可能エネルギーで賄う実証実験を開始したセブン−イレブン店舗。セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長(一番左)が記念式典に出席した=26日、横浜市緑区

 実験は神奈川県内の10店舗で実施。日中は店舗屋上などに設置した太陽光パネルで発電して必要な電力をまかないつつ、電気自動車のバッテリーを再利用した蓄電池に充電する。夜間は蓄電池の充電分に加え、11月からは固定価格買い取り制度(FIT)の買い取り期間を終えた再生エネ電源による「卒FIT」電力を新電力から調達する。

 日産自動車やカネカ、蓄電池のフォーアールエナジー、新電力のスマートテックが技術提供などで実験に参画。横浜市内の店舗で同日、記念式典が開かれ、親会社のセブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長が「大きなチャレンジの第一歩」と期待を示した。

 標準的なセブン店舗の消費電力量は年間13万9000キロワット時で、この電力量を賄うために実質71.5トンの二酸化炭素(CO2)が排出されている計算だが、全てを再生エネで賄えばCO2排出量はゼロになる。実証実験では今後の対象店舗拡大の可能性について、コスト面も含めた検証を実施する。

 他のコンビニ大手も環境配慮型の店舗開発を進めている。ローソンが今月23日に開店した新型店舗では、すべての冷蔵・冷凍装置をフロンガスを使わないタイプにしたほか、空調や照明の出力抑制や蓄電池の充放電を外部制御できるようにし、地域における電力の需給調整機能を受け持つ。

 ファミリーマートも平成29年度から、店舗の柱を鉄骨から木材に置き換えるほか、空調や冷蔵機器などをインターネットで監視することで消費電力量を削減する新型店舗の取り組みを拡充しており、CO2排出量の大幅削減を目指す。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆