ニュース
» 2019年10月04日 10時17分 公開

SOMPOが駐車場シェアに参入 最大手アキッパに出資

SOMPO傘下の損害保険ジャパン日本興亜の保険代理店が、自動車を手放して駐車スペースの空いた顧客をアキッパに紹介し、貸し出しを提案する。

[産経新聞]
産経新聞

 損害保険大手のSOMPOホールディングスは3日、駐車場のシェア事業に参入すると発表した。駐車場シェアリングの最大手akippa(アキッパ、大阪市)の株式約33.4%を1日付で取得し、関連会社にした。SOMPO傘下の損害保険ジャパン日本興亜の保険代理店が、自動車を手放して駐車スペースの空いた顧客をアキッパに紹介し、貸し出しを提案する。

 人口減少やマイカー所有にこだわらない消費者が増加する中、車の保有台数は減少傾向にある。一方で使われない駐車場は増えており、空いた駐車場の有効活用を図りたい考えだ。

 損保ジャパンの保険代理店が持つ顧客網を活用し、免許返納などを理由に自動車保険を解約する顧客に対して、空いた駐車場を持っている場合には、アキッパへの駐車場シェアリングに登録を勧める。登録されれば、代理店には紹介手数料が入る。

 アキッパはスマートフォンを使って、車の運転手に活用されていない月極駐車場や車庫などの駐車スペースを紹介している。現在の会員数は150万人。駐車場登録数は3万件超。今後、損保ジャパンと協力して顧客開拓を進め、3年後に会員数1千万人、駐車場登録数で20万件を目指す。

 保険会社は売上高の半分以上を占める自動車保険が減少することを見込み、収益の多角化を急いでいる。SOMPOはカーシェア事業にも参入しており、アキッパの駐車スペースを車の受け渡しにも活用するなど協業を拡大する。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆