ニュース
» 2019年10月16日 10時19分 公開

“瞬間移動”を来春にも提供開始、ANAホールディングス (1/2)

アバターを介してエベレストや南極、宇宙など幅広い旅行体験を将来的に実現させる考えだ。

[産経新聞]
産経新聞

 全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス(HD)は15日、自分の分身(アバター)となるロボットを開発して“瞬間移動”のサービスを提供する方針を表明した。人間の代わりに見たり聞いたりできる機能を備えたアバターを、来夏までに自治体や研究機関、携帯大手3社などと協力して全世界に1千体普及させる。アバターを介してエベレストや南極、宇宙など幅広い旅行体験を将来的に実現させる考えだ。

ANAホールディングスの片野坂真哉社長に教わり、タブレット端末を使ってアバターを操作する女優の綾瀬はるかさん(右)=15日、千葉市美浜区

 「ANAHDは瞬間移動を提供する。南米アマゾン、エベレストで音を聞き、風を感じたり、月の上を歩くのは可能か。答えはイエスだ」−。片野坂真哉社長は15日、同社にとって初出展となる最新家電・ITの展示会「CEATEC(シーテック)2019」の講演でこう強調した。

 ANAHDが提供する瞬間移動の核となるのは、アバターと呼ばれるロボットだ。同日発表したアバター「newme(ニューミー=新しい私)」は、タブレット端末という「目」と「耳」、移動する車輪という「足」を備える。人間が遠隔地からタブレットやスマートフォンを通じてニューミーを動かすことで、ニューミーの見たり聞いたりしたことを疑似体験する仮想移動が、ANAHDの瞬間移動の仕組みだ。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆