ニュース
» 2019年10月28日 10時53分 公開

NTT東、文化芸術をデジタル化 葛飾北斎の浮世絵を再現

モノのインターネット技術などを活用して、有形無形を問わず、文化財をデジタル化。技術の伝承などに役立てるほか、全国的には知られていない地域の文化の発信力を強化し、地方創生を後押しする。

[産経新聞]
産経新聞

 NTT東日本は25日、文化や芸術の保護に関する先端ITを発表した。モノのインターネット(IoT)技術などを活用して、有形無形を問わず、文化財をデジタル化。技術の伝承などに役立てるほか、全国的には知られていない地域の文化の発信力を強化し、地方創生を後押しする。

高精細な画像処理で、本物と同じ凹凸や質感まで、平面の紙で表現できる=25日、東京都新宿区

 絵画では、特殊なカメラやスキャナーを使って高精細な画像処理が可能で、作者の筆致や紙の質感をデータ化できる。山梨県立博物館に所蔵されている江戸時代の浮世絵画家、葛飾北斎の「富嶽三十六景」では、雲母の粉を用いてキラキラと光る「雲母(きら)摺り」や 版木を絵の具をつけずに押しつけて凹凸模様をつける「空摺り」などの浮世絵独自の技法も平面の紙に再現できる。

 実物に遜色のない高精細な画像をどこでも表示できるようになるなど、遠く離れた場所でも作品を楽しめるようになる。

 データの保存には全国にあるNTT東の通信局舎を活用する。インターネットから独立したNTTのサーバーで、サイバーセキュリティーを高め、文化財の権利保護にもつなげる。

 農業や養殖業、酒造技術や陶芸の小生技術など、地域に密着した技術のデジタル化を進め、事業で得た収益を別の文化財の保護につなげるような独自のビジネスモデルの構築を目指す。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆