ニュース
» 2019年11月11日 10時58分 公開

【令和をつくる】デジタル社会の実現へ「やりがいマックス」 宮坂学・東京都副知事 (1/2)

通院が不要になる「遠隔診療」の拡大、車の自動運転など、都市の形もまた変わっていくことが予想される。

[産経新聞]
産経新聞

 高速大容量の次世代通信5G(第5世代)の本格運用が来春にも始まり、あらゆる物がインターネットにつながる「IoT(Internet of Things)」が加速している現代。通院が不要になる「遠隔診療」の拡大、車の自動運転など、都市の形もまた変わっていくことが予想される。東京が「デジタル化」に向けて大きく舵(かじ)を切ろうとする中、舵取り役として都副知事に迎えられたのが、ネット大手・ヤフー元社長の宮坂学さん(51)。「やりがいマックスだ」と意気込みを見せた。(天野健作)

,デジタル社会の実現に向け意気込みを示す宮坂学さん(松崎翼撮影)

 −−デジタル社会が進展する中、どのような東京の姿を描いているか

 「ネットは10年前と比べ速度も早くなり、つながる場所も増えた。東京を世界最先端のモバイルネットワーク(移動通信)がつながる街にしたい。永遠にゴールのない戦いになる」

 −−海外の諸都市と比べて東京の進展度は

 「遅れている。日本は電子立国で、ハイテクの街と思っていたかもしれないが、他国や海外都市から学び直さなくてはいけない」

 −−今の生活で満足している人も多いのでは

 「テクノロジーの問題だろう。進歩すればするほど魔法のような状態になる。スマートフォンが使いづらいという問題があるかもしれないが、それはテクノロジーが進歩しきっていないから」

 −−デジタル社会の課題は

 「ネットが使われ出したのは25年ほど前。当時の予測はほとんど外れたが、唯一確実だったのは、個人も企業もみんながネットを使う時代になったことだ。これからは街全体がネットにつながる。インフラをまず整えなくてはいけないが、東京を世界中や日本国中の若い人たちが挑戦できる街にする。僕らが思いも寄らなかったサービスを生み出すだろう」

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆