ニュース
» 2019年11月13日 15時04分 公開

Facebook Pay開始へ 傘下アプリ横断で送金、米国で

米国内で週内に一部アプリに限り先行開始し、他の国・地域にサービスを拡大する見込み。

[産経新聞]
産経新聞

 【ワシントン=塩原永久】米交流サイト大手フェイスブック(FB)は12日、傘下アプリを横断して送金できるサービス「フェイスブックペイ」を発表した。米国内で週内に一部アプリに限り先行開始し、他の国・地域にサービスを拡大する見込み。

 フェイスブックペイはFBが計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」のサービスとは異なる。リブラは各国当局が厳しく規制する方針で、目標の来年前半のサービス開始は困難とみられている。フェイスブックペイは決済・送金サービスのノウハウを蓄積できる利点もあるとみられる。

 米国ではまず、フェイスブックとテキストアプリのメッセンジャーでサービスを開始。対象を写真共有アプリの「インスタグラム」や、テキストアプリの「ワッツアップ」にも拡大する方針。他国・地域にも展開する見通しだが、同社は日本での展開時期などの詳細について公表していない。

 利用者はクレジットカード番号などの支払い情報を登録。暗証番号や、指紋や顔認証といった生体認証などの設定を利用した送金もできる。

 FBは2007年に決済サービスを開始。フェイスブックペイについて「カード番号などを暗号化し、安全に保管する設計にしている」としている。

 サービス導入にあたってFBは、クレジットカードや決済サービスの「ペイパル」を活用する。既存の金融インフラを利用することで、傘下アプリ横断の送金システム構築の負担を軽減させる狙いとみられる。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆