ニュース
» 2019年11月29日 10時50分 公開

本堂で瞑想、生マグロ料理も……外国人に人気「寺泊」 (2/2)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2       

 高野山を訪れる外国人観光客は急増している。町などによると、高野山の宿泊客数は開創1200年の平成27年、約44万人と前年比約1.6倍に急増。30年は前年より約1万6000人多い約22万6000人と好調に推移している。外国人観光客も多く、30年の宿泊客数は前年比11.3%増の約9万4000人を記録した。

 高野山観光情報センターの職員は「高野山の宿泊先といえば宿坊。平成16年の世界遺産登録の影響が大きいのでは」とみる。

 一方、ネット上では昨年7月、全国各地の寺泊を紹介する「テラハク」が開設された。寺社振興を目指して観光企画の立案、運営などを手掛ける株式会社「和空」(大阪市北区)が運営。都道府県別や「座禅」「写経」など修行・文化体験別に検索できる。紹介数は近日公開予定を含め50を超え、今後も増える見込みだ。

マグロ料理やカフェ併設も

 掲載された宿坊には、外国人観光客を意識した新スタイルもある。

 「大間まぐろ」で有名な青森県大間町の「おおま宿坊普賢院」は1日1組限定。「精進料理だけでは飽きる」と夕食に自慢の生マグロ料理を提供する。岐阜県関市の関善光寺(せきぜんこうじ)の境内にある宿坊「カフェ・茶房宗休」も1日1組限定で、併設するカフェで外国人も気軽にくつろげる。

 こうした動向を後押ししようと、国も令和元年版の観光白書に「地域の新しい観光コンテンツの開発」として「寺泊」を明記。来年の東京五輪も見据え、インバウンド戦略の重要な柱と位置づけている。

 和空の和栗隆史代表取締役は「寺の将来を考えた後継者らが、地域振興や新たな収入源と考えたのが宿坊。今後もさまざまなタイプが生まれてくるのでは」と期待する。

関連キーワード

外国人 | 観光 | 料理 | 日本 | 人気 | カフェ | お寺 | 文化 | 興味


前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆