ニュース
» 2019年12月16日 10時44分 公開

AIで動画解析→剣先の軌道再現 フェンシングで新システム導入 東京五輪の目玉に

五輪本番でも活用されれば、新たな観戦のあり方を示す目玉にもなりそうだ。

[産経新聞]
産経新聞

 東京五輪のテスト大会をかねて、幕張メッセ(千葉市)で行われているフェンシング高円宮杯ワールドカップ(W杯)で、選手の剣の軌道を動画解析で会場に再現する新システムが導入された。ファン層の拡大に取り組む日本フェンシング協会の太田雄貴会長の肝いりで開発されたもので、国際連盟からの評価も上々。五輪本番でも活用されれば、新たな観戦のあり方を示す目玉にもなりそうだ。

選手の剣先の軌道を再現した大型スクリーンの映像=14日午後、千葉市の幕張メッセ(佐々木正明撮影)

 このシステムの国際大会での活用は今回が初。フェンシングは「選手の動きが早すぎて観客には何が起こっているかわからない」といわれるため、勝敗を決める瞬間を可視化することで、観戦の魅力を高めようと開発された。

 当初の旧システムは剣に赤外線マーカーをつける形で開発されたが、選手に負荷がかかるため、大会で実戦導入するにはハードルが高かった。平成27年ごろから開発の方向性を改め、マーカーを使わず、高度な動画解析を使う方式への開発に舵を切った。

 共同開発を担った電通などによると、会場に20台以上のカメラを設置して試合を撮影。その様子を人工知能(AI)に繰り返し解析・学習させることで、試合で高速度で繰り出される剣先の軌道を3Dデータで抽出することに成功した。

 先月の全日本選手権で実戦採用。今回のW杯ではさらに改良化され、多くのトップクラスの選手が集まった14日の男子フルーレ個人戦で披露された。会場の大型スクリーンに剣の軌跡が示されると、観客はその様子を見入っていた。

 日本協会は東京五輪でも採用されるよう、国際連盟などと協議を開始。電通の担当者は「ルールや得点の瞬間が分かりにくいことで、観戦体験の価値を発揮できていない競技は数多くある。このシステムはそうした課題を解決するひとつの手段になり得る」とも話している。(佐々木正明)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、Appleの「AirPods Pro」もしくはソニーの「WF-1000XM3」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆