ニュース
» 2020年01月09日 10時40分 公開

平日は大都市、土日は地方 広がる「副業」、企業は二の足 (1/2)

普段は大都市で働く労働者が、週末などに地方で「副業」をするケースが出てきている。

[産経新聞]
産経新聞

 普段は大都市で働く労働者が、週末などに地方で「副業」をするケースが出てきている。地方にとっては確保が難しい人材を安価で獲得できるメリットがあり、政府も兼業、副業などを通じて地域と関わる「関係人口」の拡大を柱にした地方活性化策を打ち出す。働き方改革の一環として厚生労働省が平成30年1月、副業を事実上解禁してから2年。新たな「働き方」は根付くのか。(橋本昌宗)

横浜市で働きながら、長野県白馬村で副業をする渡辺雅司さん(左)=同村

月に2回、長野へ

 「本来の仕事とは別の視点を持ちたかった」

 横浜市の大手アウトドアメーカーで顧客の利便性向上案や社内の業務改善プロジェクトなどを企画するマネジャーとして働く渡辺雅司さん(45)は、昨年5月から月に2回、週末に長野県白馬村で副業をしている。

 出身は千葉県で、現在は横浜市在住。白馬村との関わりは、冬場にスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむために訪れたことがある程度だったが、雑誌に掲載されていた、地方での副業を紹介する会社の記事を見て、応募。スキー場の運営などを手掛ける「八方尾根開発」で、冬以外の季節に集客できる新規事業の企画・調査などを担当している。

 収入は月10万円ほどだといい、「仕事の内容は本業と似ているものもあれば、違うものもある。職場が全く違うので、大自然の中で気分的なリフレッシュにもなっている」と話す。

受け入れ側も「歓迎」

 八方尾根開発では、渡辺さんのほかにも5人ほどの「副業人材」を受け入れている。同社の倉田保緒(やすお)社長(66)は、「地方企業にとって切実に足りないのは資金より人材。非常に助かっている」と語る。

 倉田社長によると、国内のスキー人口が減少傾向にある中、社内には客を呼び込む新規事業を仕掛けられる人材が不足していたという。「副業なら交通費はかかるが、(フルタイムで雇うより)費用は少なく抑えられるし、さまざまな経験や技術を持った人に来てもらえる」とメリットを強調した。

       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、Appleの「AirPods Pro」もしくはソニーの「WF-1000XM3」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆