ニュース
» 2020年01月23日 10時50分 公開

「デザイン経営」が下請け企業を変える 目指すは世界市場 (1/3)

日本のものづくりを縁の下で支えてきた金属や樹脂、繊維加工などの下請け企業が、デザイナーらと協力し、自社ブランドを立ち上げて海外へ進出する−。そんな挑戦が町工場のひしめく大阪府八尾市で始まった。

[産経新聞]
産経新聞

 日本のものづくりを縁の下で支えてきた金属や樹脂、繊維加工などの下請け企業が、デザイナーらと協力し、自社ブランドを立ち上げて海外へ進出する−。そんな挑戦が町工場のひしめく大阪府八尾市で始まった。その名も「YAOYA PROJECT(ヤオヤ・プロジェクト)」。たくさんの商品を扱う八百屋と八尾市をかけた。下請け同士の競争も激化する中、企業が磨いた技術に優れたデザインを取り込んで、世界に販路を拡大するのが狙い。まずは台湾での新商品発売を目標に、商品開発が進んでいる。    (北村博子)

世界観で勝負

 糸巻きを何本も搭載した“操縦桿(そうじゅうかん)”のような存在感のある特殊なミシンが1日の仕事を終え、静かになった工場。生地のストックが積み上がる部屋の一角で、熱心に話し合う人たちの声が響いていた。

 声の主は、蚊帳生地の布巾を小売業者などから受注を受けて生産している縫製会社「ホトトギス」(八尾市跡部(あとべ)本町)に協力して新商品開発を進めているプロダクトデザイナーの木倉谷(きぐらや)伸之さん(25)と塚本裕仁さん(26)だ。

蚊帳を縫うホトトギスの盛利和さん

 「蚊帳生地に興味を持ってくれるのはちょっと背伸びして、いいものを使いたい若い世代じゃない?」「実際に買う人はもうちょっと上の世代のような気もする」

 普段は大手家電や精密機器メーカーに勤め、商品デザインを手がける2人は、ヤオヤ・プロジェクトに参加することが、デザイナーとしての知見を増やす絶好の機会ととらえている。昨年11月から週に1度のペースで工場に集まっては、色付けや試し縫いなどの作業を繰り返してきた。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆