ニュース
» 2020年02月03日 10時35分 公開

ユーグレナ、バイオ燃料の国際規格取得

二酸化炭素(CO2)排出量が少なく環境に優しいジェット燃料が世界の民間機で使えるようになる。

[産経新聞]
産経新聞

 環境バイオベンチャーのユーグレナは31日、ミドリムシ由来のバイオジェット・ディーゼル燃料の製造技術が、米国の燃料製造技術の国際規格であるASTMの新規格「D7566」を30日付で取得したと発表した。これにより、二酸化炭素(CO2)排出量が少なく環境に優しいジェット燃料が世界の民間機で使えるようになる。

ユーグレナのバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント=横浜市鶴見区(同社提供)

 同社は平成27年12月、ANAホールディングスなどと国産バイオ燃料計画を発表。横浜市鶴見区にバイオジェット・ディーゼル燃料の製造実証プラントを建設し、年間125キロリットルの燃料を生産する計画。令和2年中に日本初の有償フライトの実現を目指して準備を進めている。

 7年までに実証プラントの2千倍にあたる年産25万キロリットル規模の商業プラントを建設し、石油由来の燃料と同程度のコストにまで下げる計画だ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、Appleの「AirPods Pro」もしくはソニーの「WF-1000XM3」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆